今お勧めのネットワークビジネス(MLM)はどれですか?という質問に答える

2017/02/11

黒板

よく聞かれる質問に、

「今オススメのネットワークビジネスはどれですか?」

というものがあります。

今日は「オススメ」について解説します。

2017年2月現在
ネット集客と相性がいいものは、なんといってもビットコイン等の仮想通貨投資案件です。
MLMの形態のもの、アフィリエイトシステムだけのものなどいろいろあります。
ネットワーク系に取り組みたい場合には、AirBitClubX-Binaryなどがあります。

現在私が取り組んでいる案件一覧は、こちらをご覧ください。
ビットコイン投資案件一覧ほかの物販系は、以下の記事も参考にしてみてください。

オススメにもいろいろある。

ネットワークビジネスの進め方をブログに書いている人たちは、それぞれ、なんらかのネットワークビジネスに取り組んで報酬を得ています。

ですので、当然のことながら、

「自分が取り組んでいるネットワークビジネス(MLM)が一番オススメ」

と言うはずです。

ネットワークビジネスに関するブログを書いている人は、最終的にはブログに興味を持った人に、自分のダウンとなって稼いでほしいと思っているからです。

では、そんな中から、「本当に稼げるMLM」を見つけるにはどうしたらいいでしょうか?

ネットワークビジネス(MLM)によって取り組み方が違う

まず大事なことに、「ネットワークビジネスによって取り組み方が違う」ということが挙げられます。

「ネットで完結するシステムだからクチコミいらず!」

と言いつつ、ネット上に詳しい資料を載せていないネットワークビジネスは非常に多いです。

なぜなら、ネットワークビジネスの企業(MLM)は、ネットで集客することを禁止していることがほとんどだからです。

MLMというのは、日本の法律では「連鎖販売法」という法律の下で厳しく規制されています。

むやみに勧誘してはいけない、誇大表現(誰でも1日5分で稼げるなど)を使用してはいけない、承諾を得ずにメールで案内を送ってはいけない、などなどの規制があります。

(その点、アフィリエイトはひどい有様ですが…)

そのため、ネットで集客をする人たちは、企業名を伏せて「ネットワークビジネスに興味のある人」を集めるためのブログを作ります。

結果、大きな括りで言うと「ネットワークビジネスとは!」のようなブログが多数存在するのです。

ですが、どのブロガーが、どんなMLMをやっているのか、というのは、表向きはほとんどわかりません。

「自動集客システム」などのリンクを貼ってあれば、だいたいのところはわかりますが、それ以外の人はどんなビジネスをやっているのかわかりません。

 

ネットワークビジネスは、基本的には人と人のつながりのビジネスです。

  1. 商品があり
  2. 商品を売る人(ディストリビューターとかビジネスパートナーと呼ばれる販売者)がいて
  3. 商品が欲しい人が存在する

このように、商品を買う人がいなければ、成り立たないビジネスです。

ところが、一部のネットワークビジネスでは、

  1. 商品があり
  2. 商品を売る人がいる

以上で完結している場合があります。

そのようなビジネスがどうやって成り立つのかというと、必ず定期購入品(またの名をノルマと言います)があり、自分のダウンの定期購入分が報酬として入ってくるという仕組みです。

商品だけの愛用者というのがほとんど存在せず、

商品があり、商品を売る人=買う人がいる。という構図です。

自分が買うことでアップを養い、ダウンが買うことで自分が養われる、というビジネスの形です。

 

ですが、私は、このような形はいずれ破たんするだろうと思います。

商品というモノが存在する以上、その商品が愛され、欲しいと思えるものでなければ、ビジネスは続きません。

ビジネスと割り切り、「商品なんかなんでもいい」と、最低限のノルマを買い続ける、そういったビジネスでは、同じように割り切れる人しか続きません。

商品が良いものでなければ、いずれはノルマを買うことすら苦痛になるときが来ます。

 

ネットワークビジネスの最も良い形は、

「紹介がないと買えないシステム」

という希少価値を生み出すことです。

この化粧品は、紹介がないと買えません。

それだけ「良いもの」だからです。

広告費を掛けずに売っていて、ビジネスパートナーからの口コミでしか広がりませんので、購入は「紹介制」なんです。

という形です。

そういったMLMは、これまでにも非常に伸びていきました。

 

まず大事なのは、この2つのパターンのうちどちらなのか?というのを見極めることにあります。

それによって、取り組み方も違ってきますし、「商品を売るのか?」「ビジネスを売るのか?」によって、自分の心構えもまったく変わってきます。

理想は、商品もビジネスも愛されること

そのようなことを考慮して考えると、理想は商品もビジネスも愛されていることです。

商売の基本として考えてみればわかるのですが、

商品が欲しい人がいっぱいいるようなビジネスが理想的です。

では、そのようなMLMをどうやって見極めるのかというと、実は「リアル(ネットではないところ)で売れているかどうか」が一番の見極めどころとなります。

ネットというのは、広いようで、商圏としてはまだまだ狭いです。

amazonでリップクリームを買う人より、マツキヨでリップクリームを買う人の方が、まだ全然多いのです。

ですので、ネットワークビジネス(MLM)とひとことで言っても、

すべてネットに依存しているようなMLMは、リアルで売れる商品を扱っていない

と判断できます。

それでも「誰でも」「自動的にダウンを作って」「稼げる」というのであれば、それは、「ノルマ(定期購入)がある程度高い=5万(あるいは10万)以上」を意味していると判断します。

ネットワークビジネス(MLM)の定期購入品の価格

定期購入については、どこのMLMでもたいていあります。

その定期購入が、1万円台なのか、5万円以上なのか、というのは、非常に大きな問題となります。

例えば、
定期購入が1万5000円かかる。でも、もともと自分も別のメーカーの商品でこれぐらいは買っていたので、ビジネスの支出としてはたいしたことがない。自分もこの商品を気に入って使っている。

というのと、

定期購入が6万円かかる。もともと自分は○○を買うのにこんなにお金を使っていないし、使うとしても月に6万円は高いなぁ…でも、6万円以上稼げるならいいかな?

というのとでは、後者のビジネスは非常に危険と言えます。

本当に初月から6万円以上稼げるのでしょうか?

2ヶ月目、3ヶ月目になれば、12万円、18万円稼げるのでしょうか?

定期購入品が高いということは、自分もその高い定期購入品を売らなければならないということです。

(ほかに、初期費用もありますよね)

そのようなビジネスを、本当に売る自信があるのであれば良いと思います。

 

私もそのようなビジネスをいくつも見てきましたが、定期購入品が5万円を超えるビジネスには、関わらないようにしてきました。

正直言って、たとえ大親友であっても、毎月最低5万円の買い物をしてもらうことは、私にはできないと思いました。
毎月5万と言えば、300万円クラスの自動車を5~6年ローンで買うと、だいたい月4~5万円になります。

それほどの大きな買い物を売るほどの腕は私にはないな、と思ったのです。

商品もビジネスも愛されるネットワークビジネス(MLM)は存在する

私が見てきた中で、商品もビジネスも愛されているMLMというのはいくつか存在します。

無理なくビジネスに賛同を得られる「数人」を紹介できさえすれば継続していく、そのようなビジネスモデルもきちんと存在します。

(ちなみに、そこの会社の定期購入品は1万2000円程度でした。)

そして、その商品が欲しい、どうやったら買えるの?という愛用者たちが存在するから、ビジネスとしてきちんと継続していきます。

ビジネスをする会員と、商品を愛用するだけの会員とがあり、愛用者が多いために、ビジネス会員も安定して商品を売り続けることができます。

また、安定して商品が売れるため、ビジネスとして取り組みたいという人も数多くいるのです。

このように、商品が愛されるとビジネスがうまく回ります。

ネットワークビジネスも、元は「商品を売る」ということが基本になりますので、商品に魅力がないことには、そのネットワークビジネスは長く続きません。

愛される商品の場合には、どのように集客しようと、

ネットでもリアルでも、結果的には売れます。

ネットワークビジネスの勝ち組となりたければ、そのようなビジネスをきちんと見極め、自分がより稼ぎやすく取り組みやすい、そして、売ることに誇りが持てるような商品を扱うことです。

商品が良いだけではダメな理由

ネットワークビジネス関連のブログを眺めていると

「良い製品というだけのMLMはやってはいけない」

のように書かれていることがあります。

ネットワークビジネス(MLM)を選ぶときには、会社やアップラインからのフォロー、教育体制、システムが整っていないことには成功できないよ、という話が書いてあります。

それはその通りなのですが、「本当に良い製品」で「売れている」のであれば、すなわち、システムとしてもきちんと整っている、と言うことができます。

売れるためには、「売る人」がきちんと働けなければ売れません。

売る人がきちんと売れているのであれば、教育体制に問題があるとは思えません。

 

ですので、「製品が良いMLMはやってはいけない」と思い込んではいけないのです。

注意したいのは、

「良い製品というだけのMLMはやってはいけない」

などと、もっともらしく書いているけど、
実際は「ダウンが定期購入でアップを養う形式(商品の愛用者がいない)」のネットワークビジネス(MLM)を勧めているだけの人のブログです。

初心者の方は、
「この会社は集客システムがネットで完結していて、楽そう」などと思い、
「製品がいいだけのMLMはダメなのか、じゃあこっちにしよう」と、
登録してしまいます。

結果、多額の定期購入品に悩まされる結果になる、ということも少なくありません。

製品が良いのは商売としては当たり前のことですが、その点を軽視するようなネットワークビジネス(MLM)の勧誘には注意が必要です。

売れる商品でなければ、ビジネスとして続かない。

その点だけは忘れないようにしてください。

 

私自身は、そのような判断基準を持ってMLMを選んでいます。

ただ、元はと言えば、たまたまMLMを紹介されて登録してしまった、といういきさつです。

ですが、その後勉強をし、たまたま紹介されたビジネスが評価できるものだと判断できましたので、そのMLMはそのまま継続しています。

私が取り組んでいるMLMについては、メールでお答えしています。
どのようなMLM企業なら安心なのか?の判断材料の一つとして、お知りになりたい場合は、こちらをクリックしてメールフォームからお問い合わせください。
お問い合わせメールフォームはこちらです。

フウキのネットビジネス全般、MLM、ネット集客の個別指導コンサル

 ページ先頭へ