ネットワークビジネスで失敗・挫折する共通の理由。成功する人との違い

2017/02/10

clock

ネットワークビジネスでも、ネットビジネス(アフィリエイト)でも、失敗する人には特長があります。

私はこれまで、ネットワークビジネスに取り組んでいる人をたくさん見てきました。

中高年の方、自営業、会社員、主婦、20代から70代の方までさまざまです。

その中で、一番多い質問は、

「どうすればネットワークビジネスで稼げるんですか?」

という質問です。

そういう質問をしてくる方のほとんどが、

すでにネットワークビジネスに取り組んでいて、結果を出せていない人

です。

「藁をもつかむ思い」でビジネスに取り組み始めたのに、結果が出ない。

「色々なネットワークビジネスに挑戦したけど、どれも収入にならなかった。

どうしたらいいのかわからない。助けてほしい!」

という状態です。

私も一時期、知識ばかりを仕入れる「ノウハウコレクター」のような状態になっていたのでわかります。

私はその後、そんな状態からは脱出することができました。

脱出してみれば、「なるほど、そういうことか」と納得する部分がありました。

 

今回は、結果を出せずに挫折してしまう人の共通点と、結果を出している人の共通点を解説します。

結果を出している人と、挫折してしまって結果を出せない人、その違いを知っておくことで、ネットワークビジネスで成功する確率が上がります。

この記事を読んで、ぜひ「結果の出せない状態」から脱出する方法をつかんでください。

ネットワークビジネスでまったく稼げない。挫折してしまう人の共通点

① 1つの手法を信じて継続することができない

ネットワークビジネスに関する相談で圧倒的に多いのが、

「いろいろなMLMを試したけど、どれもまったく稼げなかった」

というものです。

これは、ネットビジネスで言う「ノウハウコレクター」と同じです。
ですので、ここでは「MLMコレクター」とでも言いましょう。

具体的なストーリーはこんな感じです。

MLM日本で最大手のX社のビジネスに「誰でも簡単に稼げる」と言われて取り組み始める

ところが、始めてみたら、まず友だちリストを100人作れと言われ、毎日誰かにアポを取れと言われ、1人もダウンを獲得できず、まったく稼げない。

 

そんな時に、簡単自動システムMLMの評判を聞き、

「寝ている間にダウンができる!クチコミなしだから誰でも楽々!」

というようなキャッチコピーに心が躍り、

X社はきっぱりやめて簡単自動システムMLMに入会して取り組み始める。

ところが、そのシステムは肝心なところが「自動」ではなく、結局は稼げるようになるまで自分でコツコツ作業をする羽目に。これではいつになったら稼げるんだろう…と、うまくいかない日が続いて、結局やらなくなる。

 

でも収入アップはしなきゃならない…

悩んでいたところに、

「私はこれで稼ぎました!」「スマホで簡単!驚異のネット集客MLM」を見つけます。

「スマホでできるなら魅力だ…これまでのは、パソコンに詳しい人向けのMLMだったんだ、きっと」

などと自分を納得させて入会。

その実、ブログを大量に書かなくてはならず、スマホでは限界がある。
しかも人のブログから記事を盗んだりというブラックな手法まで教えられて、ドン引き。

そんな折に、新しく日本上陸したばかりのMLMの話を聞き、上陸したばかりなら自分にもチャンスがあるかも!と…

(以下ループが続きます)

このように、

  1. 結果が出ない
  2. 不安になる
  3. ほかのMLMに目移りする

のループを繰り返してしまうのです。

これが「MLMコレクター」の状態です。

  • 友だちや親せきを無理やり誘うなんてできない
  • でも、このやり方で合っているのか?
  • もしかしたら、もう稼げない手法なんじゃないだろうか?
  • アップラインは結局自分をカモにしただけなんじゃないか?

などの不安から、1つのMLMを継続することができずに、魅力的に見える別のMLMシステムのキャッチコピーに心を動かされてしまうのです。

これでは稼げません。

 

私は子どもの頃に水泳を習っていました。

当時体が小さかった私は、同じ学年の子よりも体力がなく、みんなが楽々泳ぐ50mクロールが泳げませんでした。

途中で息が上がって、どうしても立ってしまうのです。

でも、落ちこぼれていく私を見て、一人のコーチが私に付きっきりになって教えてくれました。

コーチの方法は、まず25m、泳げたら次は30m、と、5mずつ距離を伸ばしていく方法でした。

プールには5mごとに線が引いてあります。

コーチは、きっちり5mずつ距離を伸ばし、泳ぎ切れなければ、5m戻ってやり直しです。

そんなトレーニングを、週に2回の水泳教室でコツコツやって、やがて私は50m泳げるようになりました。

50m泳げるようになるまでに3カ月かかりました。

 

あなたにもこのような経験があるのではないでしょうか。

このように、小学生の水泳教室であれ、仕事であれ、

「練習」

「トレーニング」

「先生や先輩に教わる時間」

というのはある程度必要です。

ネットワークビジネスも同じです。

始めてすぐに、うまくいくわけはないのです。

始めてすぐに、アップラインのように、ベテラン・一人前の域に達するわけはないのです。

最初は見習いです。「練習」です。

うまくできるようになるまで、トレーニングのつもりで続けていけば、必ず50m泳げる日が来ます。

ネットワークビジネスの場合には、最低6ヶ月は、1つの手法を続けていくことです。

特に最初の3ヶ月は、自分のやる気もあると思いますので、スタートダッシュのつもりで毎日コツコツ取り組みましょう。

3ヶ月必死でやれば、「収入がゼロ」ということは決してありません。

② 忙しすぎて時間がない

「時間がない人でも大丈夫!」

たしかにこのような謳い文句を使っているMLMはたくさんあります。

ですが、「1日5分、スマホで片手で300万」みたいな仕事は、ハッキリ言って、ありません。

このような謳い文句に踊らされて、本当に300万円稼いだ人を私は知りません。

 

初心者の方がネットワークビジネスの集客のためにブログを開設するときに、ワードプレスの設置だけでも何時間もかかってしまいます。

人によっては2週間かかったという人もいます。

 

初めてインターネット集客に取り組むのであれば、1日1時間以上、もし平日に時間を取るのが無理なのであれば、週末にまとめて7時間以上の時間を確保したいところです。

最初にこれぐらいの時間が確保できないようですと、成功は難しいと言わざるを得ません。

はじめの頃にやることはたくさんあります。

  • サーバーを借り
  • ドメインを取って
  • ワードプレスをインストールし
  • ワードプレスのカスタマイズをして
  • 記事を書き始めて
  • 集客の仕組み(検索エンジン対策)を作る

そしてようやく日々記事を書いていける環境が整います。

集客ができて、アクセスが集まるようになるまでには、日数がかかります。

ですので、これら初期設定は、早めに済ませなくては「早期のダウン獲得」は望めません。

早く稼ぎたいのであれば、最初はしっかりと時間を確保し、毎日コツコツと続けていくことです。

③ 人から学べない。すぐに「自己流」に走る

ネットワークビジネスに初めて取り組む人は、アップラインに習ったり、または集客システムのグループに入ったり、このブログのような情報発信ブログで情報を得たり、様々な方法で「学んで」いると思います。

その中で、教材に書いてある(あるいはアップラインに言われた)ことを、そのまま実行できない人がいます。

「最初は○○をしてください」

と言われたのに、面倒だからと自己判断でその章を飛ばしたり、

「ブログのキーワードはこの中から選んでください」

とヒントを教わったにもかかわらず、その通りにせずに自己流でキーワードを選んだり、

「無料ブログではなく、ワードプレスを使います」

と言われたのに、ワードプレスは難しいからと無料ブログを開設してみたり。

そして、そのような人に限って、自己流に走り、成果を出せずに挫折していきます。

色々な情報に惑わされ、結果も出せていないのに「自己判断」に走ってしまっている状態だと言えます。

例えば上記のブログの種類ですが、

「無料ブログでもいい」とするネットワークビジネスと、「ワードプレスで始めましょう」というネットワークビジネス、両方存在します。

ですが、その時あなたが学んでいるアップラインなり教材なりが「ワードプレスで」と言ったなら、絶対にワードプレスです。

なぜなら、教材やアップラインは「結果の出し方」を「実績に基づいて」教えてくれているからです。

あなたが将来直面するであろう「回り道」を、なるべくしなくてすむように、最短で「ゴール」に辿り着けるように、教えてくれているはずです。

いったん無料ブログで書き始めたけど、無料ブログの広告が邪魔になってきた。

ワードプレスに引っ越しをしたいけど、データの移行はどうも手間がかかるらしい。

それに、検索順位も1からやり直しになってしまうし、どうしたらいいんだろう…

と、そのままブログを放置してしまい、収益が激減してしまった。

このようなことを避けるために、「最初からワードプレスで」と教えているのかもしれません。

ですから、教材やアップラインの教えは、すべて「YES」です。

実例)ブログの記事について

記事の内容について、アップラインには

「まずはネットワークビジネスに興味のある人を集客するのですから、ネットワークビジネスについての知識・情報を記事にしてください。1000文字以上書きましょう」
と指導されました。

ところが、ほかのブログには
「自分の経験談を日記形式で書いていけばOK!記事も短くて大丈夫」
と書いてありました。

なので、アップラインに「日記形式で、短い文章でもいいとほかのブログに書いてありました」と聞いてみました。

ですが、アップラインの答えは「知識・情報記事、1000文字以上」です。

このような状況であれば、アップラインの言うことが絶対です。
アップラインの指導に従う方が賢いです。

疑問に思うこともあるかもしれませんが、実際、ネットワークビジネスのインターネット集客には、「効果的」とされる説がいくつもあります。

アップラインが勧める方法にたとえ納得がいかなくても、まずはアップラインの教え通りにやってみることが、絶対の近道です。

言われたとおりに行動すればいいので、「自己流でオリジナリティを出して工夫」するよりも、本来はずっと簡単なはずです。

教材やアップラインの教えは、「すでに実績のある人の教え」であることを忘れずに取り組まなくては、成果は出ません。

ネットワークビジネスで成功する人と失敗する人の、たった1つの違い

ここまで、ネットワークビジネスで失敗する人の共通点を書いてきました。

では、成功するための条件は、どのようなものがあるでしょうか?

よく聞かれるのが、

  • 特別な技術がなければできないんでしょ?
  • 若くなければ無理でしょ?
  • 人脈が必要なんじゃないですか?
  • すごく頭がいい人しか成功していないでしょ?

このようなことです。

実際に、技術(パソコンスキル)や能力、年齢が無関係かというと、まったく関係ないとは言い切れません。

ですが、「気にするほど差が出るわけではない」というのが実際のところです。

私自身、現在40代ですし、若いころから芸術(専門はデザイン、趣味は音楽)しかやっておらず、「頭脳明晰、秀才」などという言葉とは程遠いところで生きてきました。

では、そんな私でもなぜ結果が出せたのか。

じつは、結果が出せて成功する人と、結果が出せずに挫折する人の違いは1つだけです。

それは、

「人から学んでいるか?」

「独学で実践しているか?」

ということです。

先ほども書きましたが、私にもノウハウコレクターのような期間がありました。

取り組んでみては、うまくいかずに放置。

また別の教材に目移りして、少し実践して、思うようにいかずに放置、の繰り返しです。

 

それを変えたのは、メンター(師匠)との出会いでした。

この人に習おうと決めてからは、ほかの手法、自己流、ほかの情報をシャットアウトしました。

たくさん読んでいたメルマガも、読まずに捨て、メンターのものだけを読みました。

 

人から学ぶことで、成功するまでの期間はずいぶんと短くなります。

そして、成功する確率も格段に上がります。

 

私が習ったメンターは、ネットワークビジネスではなく、ネットビジネスのコンサルタントです。

アフィリエイトの先生、と言えばわかりやすいでしょうか。

ですが、ネットビジネスで実績を出している人は、インターネット集客においては、他を圧倒するほどの知識と実践を積んでいる人が多いです。

私のメンターも、そんな人の一人でした。

 

現在、ネットビジネスで成功している人たちも、最初は初心者でした。

そして、最初は安い教材などを購入し、アフィリエイトをスタートしています。

ところが、やはり教科書通りにやっても、なかなか結果は出ません。

「教科書通りに実践して、年収2000万円を達成しました」

という人はいません。(中にはいるかもしれませんが私は存じ上げません)

成功した人の話を聞くと、ほとんどの人が、

「教材だけでは結果が出なかった。

なので、既に結果を出している人から直接アフィリエイトを学んだところ、

結果が出始めた。

私の成功のきっかけは、メンターとの出会いです」

そのように言います。

 

つまり、アフィリエイトやネットビジネスで結果を出している人は、

決まって「メンターに習っている」ということです。

 

私はメンターに習ってアフィリエイトで実績を出してから、その技術をネットワークビジネスに活かそうと、取り組み始めました。

ネット集客に関しては、アフィリエイトも、ネットワークビジネスも、やることはほぼ変わりませんでした。

書く内容が違う、というだけで、それ以外は、私はアフィリエイトで学んだことを応用して取り組みました。

 

その取り組みの最中には、アップラインにも様々な相談をしましたが、ネットのことはアフィリエイトのメンターに相談していました。

MLMのアップラインは、ネット集客には全く疎かったからです。

 

どんなことも、独学でできる内容もありますが、独学で一人前なろうと思うと、かなりの遠回りです。

「人から直接習うと、習得までの期間は格段に短くなる」

これはネットワークビジネスでもアフィリエイトでも同じです。

インターネットを使ったビジネスで結果を出し成功している人は、すでにこのことを理解していると言えます。

 

私自身は、「どうしても稼がなくてはならないのに、うまくいかない」という状況で、メンターに出会いました。

すると、たいした利益を出したことのなかった私が、たったの1ヶ月で、ブログだけで1万円の収益を出すことができました。

そして、メンターの言うとおりにすると、利益が毎月伸びていきました。

この状況は、

  1. メンターがアフィリエイトで稼いだ方法を私に教えてくれた。
  2. 私はメンターの言うとおりに実践した。
  3. すると、メンターの言う通り、稼げるようになった。

という状況です。

稼ぐ方法を教えてもらったのですから、当たり前と言えば当たり前ですが、これまでさまざまな教材に手を出してしまった私にとっては、目からウロコのような状況でした。

稼ぐのは、非常にシンプルだったからです。

 

メンターに「この中からブログに書くテーマを決めてください」

と言われて、その中から自分の好みで3つばかりテーマを選びました。

メンターに「では、この手順で準備を進めてください。終わったら連絡をください」

と言われて、ワードプレスなどの準備をしました。

メンターに「では、次に…」

と言われて、その作業をしました。

 

言われたとおりに、作業を進めていっただけでした。

また、作業に迷って相談すると、

「今はこれに力を入れてください。ほかのものは、少し置いておきましょう」

などと、的確なアドバイスをくれました。

 

ですので、迷いもすぐに解決され、

また、アドバイス通りに実行すれば結果が出たので、なんの不安もありませんでした。

これが、人に習うことの利点です。

  • すでに結果が出ている方法をそのまま教えてもらえること
  • 言われた通りに真似をすれば結果が出ること
  • 不安も迷いも生じないこと

これが、短期で成果を出す、たった1つの方法です。

とにかく早く結果を出したいなら

特に40代以降の人になると、何かを習うことに迷い、決心がつかない人がいます。

「いまさら何かを始めても…」という気持ちだったり、

自分より若い人に教わるのは「恥ずかしい」だとか、そういう理由です。

ネットビジネスの場合は20代の人がコンサルをやっていることもたくさんありますので、その気持ちはわからなくもないです。

私のように、ネットビジネスのコンサルを頼むと、かなりのお金がかかります。

その点、ネットワークビジネスのコンサルなら、「ダウンになることを条件に」無料で教えてもらえる場合がほとんどです。

 

私は、お金をかけてビジネスを学びましたが、その一歩を踏み出すには「恥ずかしさ」もあり、「お金もない」という状態でした。

 

ですが、すでに独学でやっていた私は、「独学では無理だ」ということに気づいていました。

そして、それこそ「最後の挑戦」のつもりで、コンサルをお願いしました。

そこまで切羽詰まっていなければ、私もまだ独学でやっていたかもしれません。

ですので、「習うのは恥ずかしい」という方を否定はしませんし、独学でもいいと思っています。

ですが、独学では、やはり結果が出るまでに時間がかかると思います。

たくさん失敗すると思います。

100万を稼ぐまでに5年かかったという人の話を読んだことがありますが、その人はすべて独学で習得したそうです。

それは素晴らしいことです。

 

私自身、結果を急いでいない状況であれば、その人を見習いたいところです。

ですが、私は「一刻も早く結果を出したい。出す必要がある」という状況でした。

焦ってもいました。

そして、これで結果が出るのであれば…と、メンターになる人にメールを書きました。

最終的にはお金のことや、恥ずかしさ、そんなものはどこかへ吹き飛んでいました。

 

もしあなたが、ネットワークビジネスで一刻も早く成功したいと思うのでしたら、

早い時期に「教えてもらう人」を確保し「答え」を教えてもらうことです。

成功した方法=答え を教えてもらうことが、早期に結果を出す唯一の方法です。

個人個人で環境は違いますし、当時の私ほどには切羽詰まっていない人もたくさんいると思います。

ビジネスを始める、と言っても、意気込みも「理想」も人それぞれ違うことと思います。

  • いつごろまでに成功したいのか
  • 何をすれば成功できるか

これらを見極め、多くの情報の中から、

成功するために何をすれば(行動)いいのかを見極める必要があります。

私の場合には、

「最後の挑戦のつもりでメンターにお願いした。メンターの言うとおりに作業した」

この行動が、「成功」という結果をもたらしてくれました。

→ 今お勧めのネットワークビジネス(MLM)はどれですか?という質問に答える

 ページ先頭へ