年収2000万円を達成する仕事。自分のビジネスを持つこと。その始め方を解説。

2017/02/10

internet

現在の日本では、年収1,000万円なら誰しも頑張れば達成できます。

年収1,000万円になるためには、単純計算で、月収83.3万円ほどです。

一流の企業に勤めるサラリーマンであれば、そのまま働いていれば、40代で年収1000万円は達成できるでしょう。

また、自営業やフリーランスでも、商売の工夫をして、きちんと努力をすれば月収83万円ぐらいなら稼げるはずです。

1000万円というのは、達成したとしても、「ものすごく裕福になる」という金額ではありません。

税金も健康保険料も高くなりますので、思ったよりは楽にならない生活が待っています。

 

では、同じように年収2,000万円について考えてみると、

年収2,000万円になるには、月収にすると166万円ほど稼ぐ必要があります。

一流企業のサラリーマンであっても、よほど出世をして、お給料の高いポストに就かなければ、年収2000万円にはなりません。

自営業やフリーランスでは、現状が年収数百万円なのであれば、今と同じ商売で頑張っても、年収2,000万円はなかなか達成できないでしょう。

自営業やフリーランスの場合、自分ひとり、あるいは家族と2~3人で商売をしていることが多いです。

すると、人間1人がこなせる仕事量というのは決まっていますので、ある程度までは仕事量を増やすなどの工夫で売上を上昇させることができますが、1人の仕事量の限界を超えると、それ以上売上を上昇させるのは難しくなります。

少ない仕事量で、効率よく稼ぎを出すためには、仕事の効率化、人員の増強などが必要になり、そのためには設備投資や人件費が必要になります。

売上は上昇するかもしれませんが、経費も上がりますので、そのあたりのバランスを読むなど、商才が必要になってきます。

2,000万円を目指すためには、2,000万円を稼ぐなりのテクニックが必要になってくるということです。

年収が2,000万円を超えると、生活はだいぶ豊かになります。

まだまだセレブというほどではありませんが、住居や食事などに使うお金が、それまでと同じレベルであれば、単純に毎月余る金額が多くなりますので、その分ゆとりが生まれます。

年収2,000万円を超えると、

  • 車など高額なものに凝り始めたり
  • 服装に変化が現れたり(値段を気にせず買えるようになる)
  • 不動産投資など元手が大きな投資などにも挑戦できる

など、生活そのものが豊かになることが実感できます。

年収2,000万円を達成できる仕事

年収2,000万円というのは、簡単に達成できる金額ではない、と先ほど書きましたが、私の周りでは達成している人がたくさんいます。

私の周り、というのは、ネットビジネス(アフィリエイト)や、ネットワークビジネス(MLM)に取り組む人たちです。

アフィリエイトでは、月収166万円というのは、方法さえ間違えなければ達成することができる金額です。

また、ネットワークビジネス(MLM)でも、やはりやり方さえ間違えなければ、達成していくことができます。
私の知る範囲では、ベテランのMLM実践者は「億」を稼ぎます。

年収で「億」を稼ぐには

細々と夫と自営業を営んでいた私にとって、「億」を稼ぐ人との出会いは、かなり衝撃的なものでした。まさに、想像を絶する世界です。

ほんの数年前までは私たちと変わらない庶民的な生活を送っていたのに、今では食べ物から洋服から、家のカーペットに至るまで、私たちとはケタの違うものを使うようになります。

こうなるともう、セレブと言ってもいいでしょう。

ですが、彼らはもともと家が大富豪だったわけではないので、未だにビジネスをしています。

ビジネスをして、「億」を稼ぎ出しています。

彼らがやっているのは、ネットワークビジネス(MLM)です。

もともとは、サラリーマンであったり、自営業であったり、ごく普通の人が、ネットワークビジネスと出会い、やがて「億」を稼ぐようになる…

私の師匠からこの体験を聞かされたときには、面食らったものです。

ですが、

「自分のダウンラインが○人、それぞれのダウンラインが○人、これでグループが○人になるでしょ?
ダウンラインには、決して無理をして買わせたりしない。
でも、必要なものだけ買っていても、○円になる。
これがグループ全体で○円、そして、私のところには○円入ってくる」

と、理路整然と説明してもらうと、「なるほど、億になりますね…」

と腑に落ちます。

決して無理な金額ではないような気がしてきてしまうのです。

誰でも年収2,000万円稼げるのか

ちょっと話がそれましたが、年収2,000万円に話を戻します。

一方で、インターネットを使ったビジネスや、ネットワークビジネス(MLM)以外で、年収2,000万円を超える人は、私の周りにはほぼいません。

一部、会社社長などで2,000万円を稼いでいる人はいますが、その人には会社社長になれる環境が整っていたと言えます。

何のとりえもない私のような人間が、これから一人で事業を始めようときに、どんな事業でもすんなり2,000万円を達成できるわけではないのです。

ですので、一般の人が年収2,000万円以上を目指すのであれば、一番手っ取り早いのは、ネットを使ったビジネスだと思います。

私は小さいころから、たいして成績もよくなく、「得意なのは美術と音楽」という、頭脳明晰とは程遠いところで生きてきました。

頭の良い人に対してコンプレックスも持っています。

そんな私でも、わずか半年で月に100万円を超える収入を得られるようになったのですから、方法さえ間違えなければ、誰でも達成できるはずです。

ネットビジネスやネットワークビジネス(MLM)であれば、事業を興すよりは元手が少なく始めることができますし、最初は副業から、生活するに足りる金額が稼げるようになってきたら専業に、など、働き方を調整することもできます。

年収2,000万円を目指す方法

私はネットビジネス(アフィリエイト)をメンター(師匠)に習いました。

はじめは独学で取り組んでいましたが、独学では頑張っても月に1000円にしかなりませんでした。

ですが、そのころは本当に金銭的に切羽詰まっていて、なんとしてでも収入を増やさなくてはなりませんでした。

そこで、なけなしのお金をはたいて、メンターのコンサルを受け始めたところ、初月に1万円、翌月に3万円、その次の月には10万円、そして、半年経つころには月に100万円を稼げるようになっていました。

そして、その時に学んだ技術を生かして、ネットワークビジネスの集客を始めました。

ネットワークビジネスの集客は、難しい面もありますが、集客さえできてしまえば、いつしか「不労所得」になっていくという部分が魅力です。

今現在私は、ネットビジネス(アフィリエイト)を教えたり、ネットワークビジネス(MLM)で収入を得たりと、まだまだいろんな仕事に取り組んでいます。

ネットワークビジネスのダウンの方々にも稼げるようになるまで指導をしますので、「不労」とまではいきませんが、生活そのものはずいぶんと楽になってきています。

毎月、100万円以上を稼げるようになると、やはり生活の安心感が違います。

また、子どもにもお金を掛けられるようになりますし、老後に備えて貯蓄することもできます。

 

最初に年収1,000万円を目指してしまうと、人間の労働力の限界が来れば上を目指せなくなります。

ですので、最初から2,000万円を目指すつもりで、毎月166万円を目標に取り組むと良いです。

そのためには、メンターや、ネットワークビジネスであればアップラインなど、

自分に稼ぎ方を教えてくれる信頼できる存在を作っておくことが、一番の近道です。

ネットワークビジネスのインターネット集客の始め方はこちらの記事にまとめています。

こちらもぜひ参考にしてください。

→ ネットワークビジネス(MLM)ネット集客の始め方。初心者が稼ぐ準備

 ページ先頭へ